残業なしの薬剤師求人はどこ?

薬剤師バイト → 薬剤師バイト、残業なしの職場で働きたい方へ‥

薬剤師バイト、残業なしの職場で働きたい方へ‥

多かれ少なかれ、どんな職業でも出来るだけ残業はしたくないものです。薬剤師の方も、残業なしの職場を希望している場合も少なくないでしょう。残業なしの職場を見つけたいのならば、調剤薬局がお勧めです。

大抵の調剤薬局は、病院の診療時間に合わせています。ですから、勤務時間が遅くまでなることはほとんどありません。残業があったとしても、ほんの僅かでしょう。また、入院不可のクリニックなども残業がないところが多いようです。クリニックも、残業したくない人には狙い目かもしれませんね。

ただ、残業なしの求人を探す場合、注意すべきことがあります。それは、収入面です。残業するのとしないのとでは、収入面で差があります。当然、残業なしの職場を選ぶならば、収入は低くなるでしょう。場合によっては、充分な福利厚生が受けられないこともあります。

例えば、小規模な病院の場合には、福利厚生が充実していないことも珍しくありません。福利厚生は働き手にとって、重要ポイントです。残業の有無ばかりに注目していて、福利厚生をチェックすることのないよう気をつけましょう。

けれども、現在の職場環境が体調不良を起こすほど多忙であるならば、残業なし、もしくは残業の少ない職場への転職を考えてみるべきだと思います。収入は高くても、体を酷使するような毎日では長く勤めることもできないかもしれません。

まずは自分の体を基本に考えるべきでしょう。休日がきちんと取得できて、充分な休養がとれる環境は働く上で大切なことです。残業なしの職場は魅力的ですから、求人倍率も高くなる傾向にあるようです。ですから、志望動機も工夫が必要です。素直に、「残業がないから」などと書いていては採用は難しいでしょう。

特に、志望動機には、待遇面を動機に挙げることは禁物です。雇用側からみると、採用したい人材とは捉えられないでしょう。仕事に対する前向きな姿勢をアピールするなどして、雇用側が採用してみたい‥と思えるような志望動機を書くことが大切です。

薬剤師の資格があれば、未経験でも応募できる?

薬剤師の求人を探してみるとお分かりだと思いますが、未経験でも応募可能なところは結構あります。薬局、ドラッグストア、企業など多岐に渡って求人があります。ただ、応募はできても実際に採用されるかというと、やはり職種によっては未経験者の採用は難しい面はあるようです。

未経験では採用が難しい職種には、「薬事業務」や「安全情報管理」といったものがあります。どちらも高い専門知識を要する業務内容です。

薬事業務につきましては、薬事法の専門知識が必要です。安全情報管理につきましては、英語で書かれてある内容を扱うことが多いため、それなりの語学力を要します。医薬翻訳や国際共同治験などに携わっていた薬剤師経験があれば、問題ないでしょう。

その一方で、未経験でも採用されやすい職種もあります。それは、治験という職種です。治験に関しては、企業ごとに入社後に教育するシステムをとっているところも多いので、一から勉強することが可能です。ですから、未経験でも採用されやすい特徴があります。

また、治験は複数の人材が一つのチームとして行なっていくものです。その中には、CRCやCRAも含まれます。多くの場合、CRC、CRAは、薬剤師の実務経験(3年以上)があれば応募できます。

薬剤師ができる仕事内容は、調剤ばかりとは限りませんから、調剤以外の職種に興味のある方もいらっしゃるでしょう。確かに、経験者の方が有利な面はありますが、未経験だから挑戦できないということはありません。

未経験でも応募できる求人を見つけたならば、チャンスを逃さないように、これまでの薬剤師の経験をしっかりとアピールできるようにすることが大切です。自分の能力を自己分析して、いかにプラスに結びつけるかという点にかかっている‥と言っても過言ではないでしょう。

経験がなけれは、やる気をみせる、自分のアピールポイントをしっかりと伝える、といったことに重点を置くようにしましょう。